限界大会に参加するか悩んでる人へ、運営からのアドバイス

いつも大会のご参加ありがとうございます。
運営のMinato86です。

今回は、限界大会に出ようか迷ってる人に向け、アドバイスをしていきたいと思います。


まず、限界大会の大前提として、誰でも参加できます。
もちろん荒らし行為や誹謗中傷、著作権侵害などを行う方の参加はお断りさせていただきますが、限界大会は、創作を愛するすべての人の味方です。

初心者の方はもちろん、上級者の方、初めての作品を作る方。
そのすべての味方です。

初心者やはじめての作品投稿の方には、ぜひ限界大会を跳び箱にして、大きくジャンプしていってほしいと思います。
限界大会はありがたいことに大きな大会になりつつあり、たくさんの人に作品を見ていただけるようになりました。
きっとあなたの作品も、誰かの目に留まるはずです。

上級者の方は、きっとアドバイスや評価がほしいと思って参加する方が多いかと思います。
さっきも言ったとおり、限界大会はありがたいことにたくさんの方に作品を見ていただけております。
ツイートの中にアドバイスください!等入れておくと貰えると思います。

さて、ここまでは限界大会が誰でも参加できることについて書いてきましたが、ここからは限界大会がいかに参加しやすい大会か書いていきたいと思います。


まず、限界大会は「まぁとりあえずやってみるか!w」が通用する大会です。
限界大会はクリエイターの技術向上を目的とした大会で、基本的には自由に作品を作れる場所です。

だからまずは作ってみて、やっぱりアイディアが浮かばなかったり、途中でつまってしまったり、飽きてしまったりしたら、途中で投稿することができます。
限界大会は、完成している必要はないからです。

この作品なんかイマイチだなぁ。。。とか、やっぱ無理だわ。。。。とか思っても、とりあえず投稿しちゃえばいいんです。

最終的にすべて作れるようになれば、それで良いと思います。


次に、限界大会はサポートが手厚いです。

映像等でわからないことがあったら、限界創作村で聞くことができます。
また、運営が常にエゴサーチをしているので、わからないことがあったらつぶやくと返信が返ってきたりします(鍵アカだったりサーチBAN食らってたりしたら対処できない場合もある)。
また、大会のDiscordサーバーに目安箱が設置してあります。
こちらにも要望等を書いていただけます。

そして、頂いた要望などは極力反映させるようにしています。

余談ですが、サポートの一環として、今後はさらなる作品公開の場を設けようと思っています。
今年中になんかやる予定なので期待しててね。


最後に、限界大会は作品に優劣を付けません。
つまり、順位という概念がありません。

作品はその人の個性であり、その人の個性を単純に比較して評価することはできないからです。

大会という名前なのに順位がないというのは少し変かもしれませんが、限界大会が誕生したときからずっと決めているルールです。


長々と喋ってきましたが、ここまで読んでくださりありがとうございます。
運営一同これからも頑張っていくので、よろしくお願いします。


公式HP
https://apps.m86.work/genkai/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク